こどもがお薬をのんでくれないのですが・・

 子供にとって味や形,色に対する感受性は成人以上と言えます。とりわけ薬に関しては苦みを伴うものも多く,お薬の服用を嫌がってしまうことも多く経験します。お薬を服用しないと期待通りの結果が得られないことから,薬に対する抵抗性が強くなった菌(耐性菌)の発生や症状の悪化などの望ましくない方向に進んでしまう可能性も否定できません。 

 そこで,製薬会社のパンフレット,小児科の学術書や薬剤師会の雑誌などを紐解いて,調べてみました。すると多くの識者が相互作用が生じない限り,薬の服用に水でなく,苦みを消してくれるジュースなどを併用するようにとのアドバイスを行っていました。ただし薬の種類によっては水に溶けにくい場合や、妙に甘ったるくて飲むのを嫌がる場合なども見受けられますので,注意が必要と考えます。

 

 明治製菓で製造し、当院でも使用しているメイアクトMS細粒の上手な飲ませ方が紹介されているので参考にして下さい。

http://medical.meiji.co.jp/medical/case/generic/mams.html

▲このページのトップに戻る