義歯の紹介

義歯には2種類あります。

部分入れ歯と総入れ歯です。
当院は、過去に当院で働いていた歯科技工士が在籍している日本の技工所と密な連携をとっております。当院で作製する全ての義歯は厚生労働省認可の材料を使用した安心・安全な日本製です。他の歯科医院で義歯の作製を断られた方や歯肉がヤセて義歯が合わなくて柔らかい食べ物しか食べれていない方はご連絡ください。

入れ歯のメニューも多数そろえております。
1)金属製義歯(金属床義歯)
 入れ歯の違和感を少なくすることを追求すると同時に,飲食物の温度がをそのまま伝達することができる入れ歯です。また入れ歯のほとんどの面積を耐久性の高いコバルトクロムという金属を利用することにより飛躍的に強度を増加させ ています。何度も入れ歯が壊れたり,割れたりした方にお勧めしたい入れ歯です。従来,最も良い入れ歯とされています。

金属床jpg.jpg

金属床層義歯.jpg
(左:総入れ歯の金属製義歯)
(右:部分入れ歯の金属製義歯)


金属床とれじん床との違い.jpg
金属製義歯(左)         保険のプラスチックの義歯
 
耐久性の違いが材料の厚みに著名な差としてでています。



2)ノンクラスプ義歯(審美義歯)
 近年の入れ歯の最先端の技術の結晶とも言える形をしています。入れ歯の金具が目立つことが不快だった方の問題を解決します。そのため部分入れ歯方が対象となります。また保険の入れ歯だと左右に金具(クラスプ)をかける設計になってしまうところが,この入れ歯だと独自の適合性向上機能が付与されているため,片方だけの小型の入れ歯にすることが出来ます。 当院で採用している材料は審美的義歯専用のポリエステル樹脂です。つまり義歯のプラスチックの部分に特殊な材料を用いて,金具(クラスプ)を使用しなくても大丈夫にした小型の義歯と解釈してください。

 

1ノンクラスプデンチチャー.jpg1ノンクラスプデンチャー.jpg

 

 

aノンクラスプと通常の義歯2'.jpg


 
aノンクラス.jpg

qノンクラスプと通常の義歯'.jpg


3)磁石利用義歯(マグネット義歯)
 残っている歯と義歯に磁石を装着し,磁力(SとNの力)によって入れ歯の適合性を高めた入れ歯です。そのため,この入れ歯も部分入れ歯用です。磁石はその磁力が永遠に減弱しない永久磁石を採用しており,カチッとした感触が得られます。 当院では愛知製鋼製のマグフィットを利用しています。
 欠点としては磁石を装着する歯は神経の治療が必要となることです。ただ し,通常なら抜歯対象となるような歯であっても神経の治療をし,アタマの部分を低 くした状態にしてあげることにより,噛み合わせの力の負担から解放されるため歯の持ちが良くなります。またMRIという医科で用いる検査機器が磁力を応用した原理のため,この装置を利用する予定のある方には第一選択にはなりません。


マグフィット構造.jpg


マグフィット義歯.jpg
 歯に装着する磁石(キーパー)と入れ歯に装着した磁石


4)金属補強義歯
 金属製の義歯ほどではありませんが,メッシュ状の金属プレートを組み込むことにより,通常の保険のと比較して強度を高めることに成功した入れ歯です。

5)軟性義歯(クッション義歯)
 顎の骨(顎の土手)が吸収してしまい,義歯の安定が得られない患者様が適応です。ほとんどの方は下顎でお困りのことが多いので,下顎の総義歯のどこで食べても痛い方や義歯が動いて食べられない場合に有効です。柔らかくて傷がつき易い粘膜に接触する義歯の内面を粘膜に優しい素材で保護します。一見,普通の義歯と同様に見えますが,内面の部分は指で押すと曲げられるぐらい柔軟性を有します。

軟性義歯.jpg

軟性義歯2.jpgフィジオライナー義歯内面.jpg
▲このページのトップに戻る