欠損補綴方法

 

歯を失った部分を治療する差には次の3つの治療方法があります。

 

 

Br.gif


@ブリッジ (接着式)

 

 


義歯画像.gif

A入れ歯 (取り外し式)

 

 


Bインプラント (人工歯根)

implant.gif

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インプラント画像.jpg

 

それぞれ一長一短がありますが、ここではインプラントの説明をします。

ブリッジ、入れ歯は残っている歯に負担がかかることによって 成り立つ治療方法であるため残っている歯にとってはマイナスといえます。

それに対してインプラントは人工の歯が増えて、咬み合わせの力が分散されるために残っている歯にとっては逆にプラスとなります。これがインプラントの最大の利点です。 

 ほかにもブリッジのように他の歯を削らなくて良いことや違和感が少ない(使い勝手がよい)などがあります。

 

 

 

義歯とインプラントの違い.jpg

▲このページのトップに戻る

インプラント種類

 当院のインプラントはAQBインプラントを使用しています。このインプラントは東京医科歯科大学の歯科・口腔外科の研究グループが基礎研究を行った,現在,国内NO.1のシェアを誇る純国のインプラントです。 AQBインプラントの特徴はインプラントの素材であるチタン表面を水熱処理することにより、歯肉との親和性を向上させている(特許)を実現しています。

 また再結晶ハイドロキシアパタイトをコーティングすることにより、骨との親和性も同時に向上させているため早期にインプラントと骨が結合します。 詳しくお知りになりたい方はAQBのホームページをご参照ください。



AQB解剖画.gif

インプラントの種類

インプラントには歯根に相当する部分とアタマ(歯冠)に相当する部分が分離できるかどうかで1回法と2回法に分けることができます。


・1回法 歯根と歯冠の分離が不可能なタイプ
利点 ・外科処置が1回で済む 
  ・2回法と比較して安価 
欠点 ・手術後,安定するまでにアタマ部分に負荷がかかりやすい 
  ・根とアタマが一体化しているので被せる際に角度の変更に限界がある 

AQB一回法2.gif







・2回法 歯根と歯冠の分離が可能なタイプ

利点 ・角度が自由に変えられるので前歯などに有利
  ・初回の手術後,安定するまで咬みあわせの力による負荷が避けられる
欠点 ・外科処置の回数が増える 
   

AQB2回法画像2.gif

インプラントの持ちは?

インプラントは人工の歯だと認識されていると思いますが,当然虫歯にはなりません。また通常であれば歯よりも剛性が高いため,折れたりもしません。ではインプラントは永久に持つのでしょうか?

マイホームで考えてください。どれほど贅を尽くした豪邸を建てても,地盤沈下が起こったら一たまりもありません。歯やインプラントは歯肉と骨に支えられています。この骨が地面に相当すると分かりやすいと思います。インプラントを支える骨が地盤沈下のように吸収してしまうと,どれほどインプラントが丈夫でもダメになってしまいます。 特に歯を失う原因が歯周病であった場合は要注意です。

しかしご安心ください。歯周病は地盤沈下と違って予想が可能です。しかも歯周病のある人と無い人ではインプラントの持ちに対して統計的に有意差が無いことが報告されています。つまり歯周病を適切にメンテナンスすることによりコントロールが可能だというこです。

また歯周病をコントロールすることにより,糖尿病の数値が改善したり,心臓の負担を軽減することができるとの報告もあります。最近では,糖尿病専門医から歯周病の治療依頼がくることもあります。逆に歯の状態が良くないと体重が減ったり,胃の消化不良を起こしたりもします。このように歯・歯肉を含めたお口の全体のメンテナンスが全身の健康に繋がっているため,定期検診(メンテナンス)の重要性は高まる一方です。

高い品質のインプラントを長く持たせたいと考えられているのは,インプラントをされた患者様のみではありません。主治医をはじめとして,被せ物を作成した歯科技工士,クリーニングを行う歯科衛生士などすべてのスタッフが各々の分野で責任を果たしたいと考えています。我々のメンテナンスプログラムに積極的に参加し,インプラントを含めた残りの歯すべてを持たせてみませんか?

 

 

ハンドシェイク.jpg

インプラント 研修と専門資格 

インプラントの研修はすべての歯科医師が修了しております。またセミナーや実習でトレーニングを重ね,学会発表など幅広く研鑽を積み,患者様にフィードバック出来るようにしています。

国際インプラント学会 専門医認定証

 国際インプラント学会認定医.jpg


*国際インプラント学会はヨーロッパの歯科インプラント分野で最も歴史のある学会でドイツ連邦共和国デュッセルドルフを本拠地としています。
▲このページのトップに戻る