審美治療に必要な要素

歯がお口の中で調和するのに必要な要素には @歯の形態 A歯の色調があります。

また使用する材料により,強度や審美性(見え方)に違いが出てきます。当院で採用している審美的な被せ物(審美補綴物)のメニューを紹介します。


1)メタルボンド(セラミックス)
  最も歴史があり、科学的裏付けがあるとされているのがセラミックです。この 方法は整形外科領域にて人工の関節などで定評があったため,歯 にも応用  したものです。
そのような経緯から体重と同程度の負荷になる咬み合わせの力を受け止める のに最適です。
またセラミックスの材料特性による滑沢性のために汚れが付着しづらく,白さ の持続性が群を抜きます。
 つまりセラミック冠は “美しく かつ 丈夫” であると言えます。

メタルボンド 前臼歯.jpg

   
メタルボンド 臼歯.jpg
メタルボンド 前歯.jpg 
メタルボンド(臼歯)          メタルボンド(前歯) 
 
 
 
 2臼歯メタボン術前jpg.jpg2臼歯メタボン術後.jpg
              術前                           術後
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2)エステニア(ハイブリット)
 メタルボンドが強度を極限まで追求した材料であるのに対して,エステニアはセラミックスの良いところとレジン(通常のプラスチックの良いところ)を合体させて完成された材料であると言えます。

         エステニアインレー.jpgエステニアインレー口腔内セット.jpg
 
エステニア臼歯'.jpg

エステニアインレー (2).jpg
▲このページのトップに戻る