診療理念・ポリシ-

 歯科治療を受ける際に 患者さまのみな様が不安に感じられるのは 感じられるのは,どのようなことでしょうか?

お口の中を触れば唾液や場合によっては血液が付着します。そんな時に道具や歯科医師の手袋がきちんと消毒や滅菌していなかったら不安や不快を感じるのは当然でしょう。

当院では日本口腔感染症学会が認定する院内感染予防対策認定医が勤めております。

そのため歯を削るドリル(バーと言います)や歯を抜くためのペンチ(鉗子(かんし))など 適切に滅菌・消毒しております。当然、日常的に使用する鏡(デンタルミラー)や唾を吸う掃除機(バキューム)基本セットと呼ばれてる道具全般もすべて滅菌しておりますので、ご安心ください。 

 

IMG_0001.jpg

担当医制を採用

当院では,患者さまに対して責任ある治療が行えるように担当医制を採用しています。急患の患者さまも可能な限り担当医が治療を行うようにしています。ただし,担当医の中には大学病院に勤務していたり,分院長をしてもいるので必ずしも毎日,当院にて治療に従事しているわけではありません。そのため患者さまの了解の上で担当医以外の他の歯科医師が治療を行うことはあります。 また複数の歯科医師ならびに多くの分野の専門医がいるため,診断が困難であったり,通常の方法で治療効果が上がらない場合には,院内カンファレンスを実施し,チームワークで対処できるようにサポートできるようにしています。

セカンド・オピニオンにも対応

患者様のみなさまは自分のお口や歯の状況で疑問に思ったことや,他の選択肢が無いのか知りたいと思ったことはありませんか?

 多くの歯科医師は患者様からの質問や疑問に快く答えてくれるとは思いますが,専門分野だと分からない可能性がああります。患者様の方から先生の専門分野のことを聞くのも遠慮があって気兼ねしてしまうかもしれません。 

 そこで当院のような多くの歯科医師がいる場合は,たとえ担当の先生が質問が専門でなく分からなかったとしても,他の先生なら分かることも多くあります。また口腔医科学会認定 セカンドオピニオン専門医日本歯科人間ドッグ 認定医もおりますので,ほとんどの分野は網羅していると考えています。

 また診断が不確定な場合には不可逆的な(やり直しの効かない治療:例えば歯を抜くや歯の神経をとる診療行為)治療は行わないことにしています。社会人でも主婦の方でも人生,生きていれば精神的に疲れたり,ストレスが溜まることは多くあります。(成人の70%は夜中に喰いしばったり,歯ぎしりをしているとのデータがあります)もし,そのストレスがピークの時に歯が痛くなったとしてら,その時すぐ大がかりな治療をするのが得策でしょうか?その時には様子を見ながら全身の疲労の回復を待ったり,ストレスが解消してから,もう一度診断した方が良いことが多いのです。 

 時には何の治療もしなくても治癒してしまうこともあります。われわれ歯科医療に従事しているもののが常に心に留めておかなくてはならないことは“不必要な治療は行わない”ことだと思います。

口腔医科学会セカンドオピニオン.jpg

自費診療に対するスタンス

 昨年,NHKの報道でインプラント治療の光と影が報道されました。あまり客観的ではなく,否定的な視点での番組づくりかなという印象は持ちましたが,指摘されている問題点が必ずしも全て誤りではないと考えます。

 

 基本的に当院は健康保険料を第一選択で活用する方針です。

 なぜならこの健康保険(国民皆保険)は日本が誇る医療システムですし,国民の皆さんが長年払い続きけてきた健康保険を利用しないのは資源の無駄と考えるからです。

 ただし発足当初幅広い歯科の分野をカバーしていた健康保険は,以下2点の欠点も有します。

@日進月歩の医療の進歩に必ずしも追従できていない

A機能重視で審美的な配慮に欠ける

 

 この観点でインプラント治療を再考した場合,

インプラントの特徴は

@義歯と比較して違和感が少ない

 義歯は歯の部分と歯肉の部分で構成されるため,まつ毛一本の存在ですら感知できる非常に敏感なお口のセンサーにはとても大きく感じられます。インプラントは骨に埋め込むので自然の歯と同様に歯が歯肉から生えているイメージです。

A他の歯に負担をかけない

 歯が無くなった部分の両隣りを削らなければならないブリッジや金具をかける必要のある義歯は基本的には他の歯に負担をかけることが前提の治療です。これに対してインプラントは人工の歯が増える計算になるので当然,他の歯の負担を軽減できます。

 ただし歯を削るかわりに骨は埋めるためのスペースを作らなければならないので単純にどちらが良いのかは患者さんの価値観だと考えます。よく他の歯科医院で言われる削らないことがインプラントの良いことなのではなく,治療の結果としてお口全体の(インプラント以外の)歯の負担が減ることが利点です。ここは勘違いしやすいところなので要注意です。

 実際,歯が無くなった部分の隣の歯がしっかりしていて(歯周病にかかっていない),すでに金属が被っている歯ならブリッジ治療をしても問題が生じる可能性はそれほど高くないと思います。

 

 結局のところ,インプラント治療は歯を無くした部分を補う治療法の一つに過ぎないのですが,自費治療という点で患者さん側も歯科医師側も特別視してしまうところにトラブルの原因があるのではないでしょうか?

 

 結論としては保険診療でも自費診療でも

@使用している材料は当然,自費診療の方が良いので ‘持ち’ は良いことが推察できます。

Aしかしお口の中のものなので毎日使用します。

 お手入れが悪ければどの治療方法も結果は同じく悪いことも事実です。

 やりっぱなし が一番悪いです。

*乗用車で考えてみると分かりやすいです。

 高級車と大衆車で持ちは違いますか?

 材料的な問題よりもメンテナンスや使用頻度に左右される思いませんか?

 乗用車は車検という名の定期検査が義務づけられています。

 毎日使用するお口の中のお手入れを定期的検査を行っていますか?

歯石をとったり,虫歯の有無をレントゲンで確認するのは一般的には健康保険の活用でバーゲンなみの70%オフな上に必要書類は保険証だけです。

 

 納得された方はすぐ歯科医院に予約の電話を入れることをお勧めします。

その際には歯科衛生士がいるところが絶対条件です。実際にお口の中をお掃除してくれるのは歯科衛生士だからです。歯科衛生士は国家資格です。

 

医科の病院で看護師では無い方が採血したり注射したりしませんよね?

患者さんから見れば、誰が資格が有るのかは分かりません。

そのため、

手袋を1人1人交換することや

資格の有無で行える範囲を規定する

などのルールを遵守することこそがモラルや良心を測る目安になるのだと思います。

 

歯科はその辺りのモラルが欠落している歯科医院も多いのが残念ながら現状です。

 

ちなみに当院は資格が無い者は直接、患者さんのお口の中に触れることは絶対ありません

開院以来、守り続けてきているルールの一つです。

 

 

リラックス空間

当院ではメンテンナンスで来院される患者さんが多いため、リラックスできる空間をご提供できるような取り組みをしています。その一環として、アロマセラピーを導入しています。アロマセラピーのポッドは待合室と診療室にあります。当日の香りに関してはアロマアドバイザーの資格があるスタッフにお尋ねください。

当院で採用しているアロマポッドです。
アロマックスラインナップ'.jpg

超音波アロマ 使用例'.jpg超音波アロマ使用例2'.jpg
メディカルアロマ修了証’.jpgIMG.jpg
▲このページのトップに戻る