特定療養費とは

 通常,健康保険で認められていない医療を受けた時,全てが保険外として扱われ全額自己負担となります。

 しかし,一定の場合に限り,保険のきかない医療サービスを一部負担で認める「特定療養費制度」が設けられています。

 この場合,保険のワク内は特定療養費が支給され,かかった医療費の一部負担金となり,保険のワクを超える分については全額自己負担することになります。

 分かりやすくいうと,自費治療費の一部を保険者が負担してくれる制度です。

 具体的には金属製の総入れ歯を作成した場合に適応されます。

 当院では 厚生労働省厚生局長が認可した選定療養費制度の適応医院であるため,

特定療養費を支給されます。

 負担割合により多少前後しますが,当院では金属製の総義歯が

26.3万円 →  23万円 前後

となり,お安くなります。

 しかも医療費が年間で10万円を超えているため,税務署に書類を提出することにより医療費控除も受けることができ,さらに費用が安くなります。

▲このページのトップに戻る