歯の神経の治療

歯の神経の治療が必要なケースは次の2つです。

@)生きている歯の神経の中に虫歯菌が侵入し,神経が炎症を起こしている場合

                  → 歯の神経の治療に局所麻酔が必要です。 

 

A)すでに歯の神経が何らかの原因により死んでしまっている場合

→ 歯の神経は死んでいるので局所麻酔は必要ではありません。 

 

 

 いずれにしても,もともと歯の神経があった部分は空洞にすると細菌が再び繁殖してしまうので,その部分を薬で埋めなければなりません。この薬をガッタ・パーチャと呼び, 現在では最も安定しているとされています。

 その後,虫歯で多くの歯の部分(歯質)を失っているので,それを補う土台が必要になります。土台にもいくつか種類があります。金属の土台が一般的ですが,歯の根が咬み合わせの力に負けて折れてしまう危険性が近年,指摘されています。そのため,歯の機械的な性質に近似した土台が注目を集めています。これはファイバーコアと呼ばれ,高密度のファイバーが用いられており,歯が折れる危険性が有意に減少することが報告されています。特にブリッジなど大型の被せ物にする際には考慮していただきたい土台です。

ファイバーコア.png

 

土台を接着して被せ物の形を整えたら,型どりに移行していきます。

→ 保険の被せ物の種類にに関してはこちら

→ 丈夫かつ審美的な被せ物に関してはこちら 

▲このページのトップに戻る