矯正開始はいつが良いのか?

 お子様の歯並びがおかしいと気づくのは,ほとんどの場合は前歯の生え換わる時ではないでしょうか?

 例えば,上の歯ではスキ歯になってしまったり,下の歯では舌側から永久歯が生えてくると心配になると思います。 この時期は一度,小児歯科か矯正の先生にチェックしてもらった方が良いです。なぜなら上の歯の場合は,“みにくいあひるの子時代”と呼ばれ,真ん中の歯同士が扇状に広がりながら生えてくる生理的な現象であることが多く,それぞれの隣の歯が生えることによりスキ歯が解消する可能性が高いです。

 また下の歯の場合も舌側に生えて来たとしても,キチンとした位置に生えるのを阻害している乳歯自体を抜いてあげると,舌の筋力により正しい位置に自然に移動してくれる可能性が高いです。

 しかし,スキ歯の隙間が大きすぎたり,乳歯を抜いて永久歯が移動したとしても横幅が足りないケースも近年では増加傾向にあります。それはジャンクフードなどの軟食化により顎が強靭である必要がなくなってきているための,ある種の退化現象とも言われています。

 そのため,本来なら自然に治る状態も程度によっては治らない可能性も否定できません。また永久歯の数が生まれつき少ないことも多く見受けられます。

 お兄さん,お姉さんが永久歯の数が少ないと,弟さんや妹さんも同じような症状がでる可能性が高いことから,遺伝的な要因が考えられています。

 

 また小学生のときには問題なく見えても,顎の成長は中学生(思春期)前後に急成長するため,潜在化していた問題が現れてくることもあります。もっとも目立つのは受け口でしょう。受け口はできるだけ顎の成長前に矯正した方が良いです。なぜなら,顎の成長が終了してからだと歯並びというよりも上下の顎のアンバランスの問題となるため,外科処置が必要な外科矯正と呼ばれる治療方法しか選択できない場合もあるためです。 

 矯正治療中は想像以上に歯磨きが難しくなります。当院としても歯磨き指導やフッ素の使用は当然行いますが,もっとも大事になってくるのは毎日の歯磨きになります。違和感や痛みが出る場合もあります。矯正治療を受けるお子様がどのくらい歯並びを治したいと強く思っているかも,矯正を始める時期を左右します。全然,治したいと思っていない場合は,矯正治療はお勧めできません。

 このように症状や状態により矯正治療を始めた方が良い時期は千差万別です。

ただ,診断は早い時期に行うことが可能です。将来,歯並びや顎のバランスが悪化するのを予測することができれば,矯正に対する費用も期間も短縮できる可能性が高くなります。その上,筋力や骨が完全に成長する前に矯正を行うことが出来れば,矯正で治した歯並びにそれらが順応してくれます。そのため,矯正治療後の前に戻ろうとする筋力や骨の修正力(リバウンド)が起こりにくくなります

 

 つまり身体の成長や矯正治療の費用・期間を重視するなら早めに矯正開始した方が良いです。

 しかし精神的発達を重視するなら歯並びを治したいという自発行動が見られる年齢から開始した方が効果的です。

 どちらを重視するかは各ご家庭の事情やお子様の発達状態によって変わります。ご家族内での話し合い(コンセンサス)が何よりも大事だと考えられます。

 

▲このページのトップに戻る