セカンド・オピニオンにも対応

患者様のみなさまは自分のお口や歯の状況で疑問に思ったことや,他の選択肢が無いのか知りたいと思ったことはありませんか?

 多くの歯科医師は患者様からの質問や疑問に快く答えてくれるとは思いますが,専門分野だと分からない可能性がああります。患者様の方から先生の専門分野のことを聞くのも遠慮があって気兼ねしてしまうかもしれません。 

 そこで当院のような多くの歯科医師がいる場合は,たとえ担当の先生が質問が専門でなく分からなかったとしても,他の先生なら分かることも多くあります。また口腔医科学会認定 セカンドオピニオン専門医日本歯科人間ドッグ 認定医もおりますので,ほとんどの分野は網羅していると考えています。

 また診断が不確定な場合には不可逆的な(やり直しの効かない治療:例えば歯を抜くや歯の神経をとる診療行為)治療は行わないことにしています。社会人でも主婦の方でも人生,生きていれば精神的に疲れたり,ストレスが溜まることは多くあります。(成人の70%は夜中に喰いしばったり,歯ぎしりをしているとのデータがあります)もし,そのストレスがピークの時に歯が痛くなったとしてら,その時すぐ大がかりな治療をするのが得策でしょうか?その時には様子を見ながら全身の疲労の回復を待ったり,ストレスが解消してから,もう一度診断した方が良いことが多いのです。 

 時には何の治療もしなくても治癒してしまうこともあります。われわれ歯科医療に従事しているもののが常に心に留めておかなくてはならないことは“不必要な治療は行わない”ことだと思います。

口腔医科学会セカンドオピニオン.jpg
▲このページのトップに戻る